Skip to content

これを使ってはじめてサイトの利用が可能に

出会い系サイトを利用するにあたって、最初に必ず使われるキーワード的用語があります。
これを使ってはじめてサイトの利用が可能になります。

では、恋人探しなら出会い系学園で使われる用語について説明していきます。

「ID」

これはどのサイトでも利用する時には、必ず登録するときに作るものです。
「会員ID」や「ログインID」という表現で表示されます。「ID」を作る場合は、基本的に英文字や数字の組み合わせで作ることになります。「ID」とペアでパスワードも渡されることになりますが、利用者個人がわかるように作られた個人情報なので自分以外に知られないようにしっかりと管理しましょう。

「アカウント」

IDやパスワードと一緒に使うことになります。
これも利用者個人が分かる為のキーワードで、IDやパスワードと同じように個人情報なのでしっかりと管理してください。
余談ですが、もともとの意味は勘定書・銀行口座で、請求書や個人の書類をは行するための識別番号として使用していたそうです。

「アポ」

これは、出会い系有料では、相手と実際に会うことの約束をすることを指します。日常で例えるならビジネスなどで取引相手との会う予約や約束の使われることと同じですね。

「アバター」

SNSやビジュアルチャットでも用いられる、サイト上の自分の代わりとなるキャラクターのことです。
これによって、個人がわからないけどやり取りで親しみを持てるようにしてます。

出会いネット|まじめで安心な出会い系サイト
出会いネット

数は爆発的に増えました

現在では男女交際系Webサービスで人気の「完全無料」の出会い系サイトは、当初はとても数が少なかったです。ですが、タダで利用できるという強力なメリットがあり、爆発的にサイト数は増えました。
元々、出会い系サイトは、携帯電話からアクセスするタイプが多かったです。

0Fmu9SX436IgYzWCですが最近はパソコンの普及率がそこそこありますし、スマートフォンやタブレットでどこでもインターネットに接続できるので、インターネット対応の「完全無料」の出会い系サイトが普通になっています。
「完全無料」の出会い系サイトのタイプは大きく二種類に区分されて、ひとつはサイト内広告型と「同時登録」型です。サイト内広告型は、その出会い系サイトの画面内にスポンサーのサイトにリンクを貼られたバナー広告が貼られています。
その宣伝広告料によってサイト運営されていますから、顧客に課金することはないのです。

デメリットは、画面のあちらこちらにバナー広告が目立ちますので、デザイン的には使いにくい場合もあるでしょう。「同時登録」型は、その「完全無料」の出会い系サイトと提携関係にある「有料」出会い系サイトへあなたのデータが転用されることです。その「有料」出会い系サイトのサービスを使わなければ課金されることもありません。
しかしながら、悪徳業者や悪質会社が運営する出会い系サイトは架空請求をしてくることもあります。